アクタスについて

セミナー詳細

働き方改革関連法 「同一労働同一賃金」への取組手順実践ポイント[8月開催]

実務トレーニング

 「同一労働同一賃金」法制の施行により、パートタイマーや再雇用者など非正規雇用を抱える企業の多くは、給与体系の見直しが不可避になっています。ところが、自社の課題を的確に把握している企業は意外にも少なく、経営トップから次のような回答を求められた場合、人事部門の多くは答えに窮してしまうではないでしょうか。
 ・そもそも「同一労働同一賃金」法制により何がどう変わるのか?
 ・それが自社にどのような影響を与えるのか?
 ・具体的に現在の自社の非正規雇用に対する待遇の何が問題なのか?
 そこで本トレーニングでは、法改正により見直しが求められる典型的な非正規雇用の待遇例を挙げながら、自社の課題を洗い出し、何を変えるべきかを明確にするための具体的な実務手法を解説します。
 

宮川 淳

【日程】 2019年8月7日(水) 15:00 ~ 17:00
【講師】 アクタス社会保険労務士法人
シニア人事コンサルタント 社会保険労務士 宮川 淳
【会場】 アクタスマネジメントサービス株式会社 本部 セミナールーム
東京都港区赤坂3-2-6 赤坂中央ビル7F (三菱東京UFJ銀行の看板のあるビルになります。)
アクセスマップ別窓でリンクします
【主催】 スーパーストリーム株式会社
【受講料】 16,200円
※SuperStream Users Group会員は無償

セミナーの内容

1.同一労働同一賃金の実務対応の流れ(全体像)
2.同一労働同一賃金法制のおさらい(改正事項)
3.裁判例に見る同一労働同一賃金判断基準のポイント
  1. 定年再雇用者の給与/手当
  2. 有期雇用者者の給与/手当
  3. 非正規雇用者の退職金
  4. 非正規雇用者の賞与

4.ガイドライン/通達のポイント
  • 手当等の労働条件ごとのセーティライン
  • 非正規雇用者に適用されない待遇の是正方法ポイント

5.自社の現状分析の方法

▶  このセミナーの募集は
締め切りました



pagetop