税務会計

会場 受付終了

複数税率の区分経理から インボイス制度までの全体像 消費税引上げによる経理実務への影響

 2019(平成31)年10月1日からの消費税率10%引上げ時には、軽減税率8%が導入されます。複数の税率の取引を、区分して経理していく必要があります。さらに2023(平成35)年10月からは適格請求書等保存方式(インボイス方式)が開始予定です。税率引上げによる経理実務への影響を、わかりやすく解説していきます。

日時
2018年11月07日 13:00 ~ 14:30
会場
インテックス大阪 アクセスマップ
受講料
早期割引料金(10月26日(金)までのお申込み):7,000円
通常料金(10月27日(土)以降のお申込み):9,000円
主催
リードエグジビションジャパン株式会社

内容

ACC-1 13:00~14:30
消費税引上げによる経理実務への影響

[講師]
アクタス税理士法人 代表社員 税理士 加藤 幸人

※本セミナーは、リードエグジビションジャパン様が開催される『第3回 関西 会計・財務EXPO 』におけるセッションの一つとして開催いたします。

過去のセミナー