税務会計

会場 受付終了

公会計システムセミナー【松本会場】 何を使う? 公会計のソフトウェア!「公会計ソフトの選定と財務諸表の作成」

 2015(平成27)年1月23日に、総務省より「統一的な基準による地方公会計マニュアル」が公表されました。地方公共団体においては、2018(平成30)年3月末までに、固定資産台帳及び複式簿記・発生主義による財務楚表を作成し、公表することが要請されています。
 大量の財務情報データから財務書類や固定資産台帳を作成するためには、専用の公会計ソフトウェアの活用が必須となりますが、どこのソフトウェアを使ったらいいか、たいへん迷うところです。国からの無償ソフトウェアはどうか、他のシステムはどんなものがあるか、本セミナーでご確認いただけます。

日時
2015年11月17日 13:30~16:30
会場
ピレネビル GPホール6F
受講料
無料
主催
アクタス税理士法人
備考
特別協賛:株式会社システムディ
協力:一般社団法人地方公会計研究センター

内容

1.公会計ソフトの選定 ~何を使う?公会計ソフト~(60分)
一般社団法人地方公会計研究センター 研究員
アクタス税理士法人 代表社員
税理士 加藤幸人

2.公会計ソフト「PPP Ver.5」の機能概要(80分)
株式会社システムディ 公会計システムソリューション事業部 課長
黒川雅康氏

3.公有財産管理の実務支援(30分)
株式会社長野協同データセンター 取締役 生産事業部副部長
宮澤優子氏

お問合せ先窓口
アクタス税理士法人 地方公会計支援チーム 担当:勢〆(セシメ)/加藤

過去のセミナー