特長と強み

引き出しの数が違います。

  • 人事のプロと社労士と、
    アウトソーシングとITのプロがいます。
  • 一部の制度改訂やHR-Tech導入などの部分最適にも
    柔軟に対応します。
  • 理想だけを追い求めません。現状とコンプライアンスと
    導入後の影響も見据え、一社一社にあう無理のない戦略や、
    制度・運用設計をご提案します。
  • アウトソーシングは業務改善と社労士による
    リーガルチェックを実施。

人事・労務のコンサルティングとアウトソーシング、ITの専門部隊を社内に有し、柔軟な連携でサービスを提供します。

人事労務イメージ

その制度や規程、システムはお客様の成長と発展につながるのか? 適法か? 実務として負担や無理は生じないか? 常にお客様側に立ち、経営視点と実務の現実的な観点と、複数のプロのノウハウから人事業務を整理整頓し、新たな戦略と設計を行います。お客様の個性にフィットするオーダーメイドサービスにご期待ください。

サービス一覧

人事労務に関するセミナー

お役立ち最新情報

 2021年10月以降、健康保険証を保険者から被保険者へ直接送付することが可能となります。現在は、健康保険証について「被保険者証の交付をするときは、事業主に送付しなければならない」と健康保険法施行規則に定められていますが、コロナ禍における在宅勤務が進む中、人事担当者が保険証を従業員に渡すためだけに出社する必要があり、制度の見直しが求められていました。

 そこで今回の制度変更では、以下のような変更が加えられました。「保険者は、前項の規定により被保険者に被保険者証を交付しようとするときは、これを事業主に送付しなければならない。ただし、保険者が支障がないと認めるときは、これを被保険者に送付することができる。」

 この「保険者が支障がないと認めるとき」とは、どのような状況を想定しているのか、厚生労働省は以下の通り回答しています。

 「事務負担や費用、住所地情報の把握等を踏まえた円滑な直接交付事務の実現可能性や、関係者(保険者・事業主・被保険者)間での調整状況等を踏まえ、保険者が支障がないと認める状況を想定している。」

(厚生労働省「健康保険法施行規則及び船員保険法施行規則の一部を改正する省令の施行に関する留意事項等について」)
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T210816S0030.pdf

 このように制度を活用する際には、関係者の実情に応じた具体的運用方法(費用の負担や送付方法等)が求められることとなり、細部の事務的事項が詰まり次第、順次案内がなされるものと思われます。

 なお、事業所整理記号及び被保険者整理番号は引き続き事業主に通知され、事業主は通知された事業所整理記号及び被保険者整理番号を適切に管理することが必要となります。また、保険証の返納についても、これまで通り事業主を経由して保険者に返納しなければならないこととなっています。

 働き方が変わる中で、社会保険等の事務的な取り扱いも電子化の進展など大きな変化が予想されます。情報のキャッチアップと社内の管理体制の見直しが求められます。

解決事例

お問い合わせからご契約まで

  • お問い合わせ
    お電話またはWEBフォームからお問い合わせください。スタッフがご要望をお聞きし、アポイントをお取りします。
  • お打ち合わせ
    人事制度や規約などをもとに、業務内容や課題、取り組みについて確認を行い、サービスをご案内します。
  • ご提案と
    お見積のご提示
    お打ち合わせ内容をもとに最善策をご提案します。お客様が選択できるよう複数案ご提示します。
  • ご契約と
    担当チームの発足
    ご契約後、担当チームを発足し、ご提案内容をさらにフィットするものにブラッシュアップして、実行に移ります。